遺留分とは

遺留分とは、被相続人が有していた財産の一定割合について、最低限の取り分として、一定の法定相続人に保障する制度をいいます。
被相続人は、生前贈与や遺言により自己の財産を自由に処分することができますが、この遺留分制度によって、処分の自由が一定限度で制限されることになります。
しかし、遺言内容が優先されるため遺留分に違反する贈与や遺贈もそのままでは無効とされません。相続人が受け取る遺留分が侵害されている場合は、遺留分減殺請求を申請してその効果を覆す必要があります。

今すぐ専門家を探す

遺言書作成に強い専門家をPICK UP!!

遺言書作成に強い専門家を「遺言書生前準備ガイド」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 印鑑・印章の相談はこちら 遺言書Q&A 遺言書QRコード